~幸せについて学ぼう~国際結婚相談所

~アナタの幸せを支援いたします~
 

 

国際結婚の問題点②

国際結婚も普通の結婚

ここまで、偏見や法律上の問題、両親の反対など、国際結婚の前に立ちはだかる“壁”についてお話ししてきましたが、それでは、このような障害を乗り越えて国際結婚をした夫婦は、
どのような生活を送っているのでしょうか。

国際結婚をした方へ、「実際に国際結婚をしてみての感想」を聞いたあるアンケートの結果では、
多くの方が「日本人同士の結婚とほとんど変わらない」という回答をしているようです。

実際のところ、同じ人間同士で気が合って交際をし、結婚を決めるという流れも、国籍で特別に変わるものでもなく、結婚してからの生活についても同じであるというのが、
国際結婚をした方の多くが実感していることのようです。

将来について話したり、食事のメニューを決めたり、休日の使い方を悩んだり、些細なことでケンカをしたり、
親族との付き合い方を考えたり……そんな日常は、国際結婚だからといって特別変わるものではありません。

国際結婚の向き不向き

ただし、「国際結婚も日本人同士の結婚と変わらない」という意見がある一方で、「普段の生活を大変と感じる」と
答える人も少なくありません。

基本的に国際結婚も“人と人との関係”であることには変わりないのですが、その関係を築くための
コミュニケーションの文化には違いがあります。

それを乗り越えてコミュニケーションが取れれば、夫婦関係を長く続けていくことができるでしょう。

しかし、それを乗り越えることができないと、次第に夫婦の関係はギクシャクし始め、普段の生活さえ重荷と感じるようになることもあります。

分かりやすい例としては、欧米型のコミュニケーションと日本式の気遣いの相違が挙げられます。
日本人は、「言わなくても察する文化」を持っていて、あからさまに人に対して意見を言うのをはばかるという
考え方があります。

しかし、欧米でははっきりと物を言わなければ相手に意思を伝えたとは見てもらえないという傾向が強く、
日本人同士の会話と同じように接していると、意見のすれ違いをそのままにしてしまったり、
相手に誤解されてしまうことにもなり兼ねません。

ですから、国際結婚での夫婦の関係が、基本的には日本人同士の夫婦の関係と同じとはいえ、
その関係の礎となっているコミュニケーションがうまくいかないと、結婚生活に重圧を感じて離婚するというような事態も考えられます。

日本人特有の考え方に捕らわれず、相手の国の文化に飛び込んで行こうという気持ちがない方や、
日本の文化に合わせてもらおうという考え方しかないような方には、国際結婚は向いていないと言えるでしょう。

逆に、お互いの文化の違いをある面では乗り超え、ある面では違いを理解して一歩引き、その上でコミュニケーションを図り人間関係を築けるような方にとっては、お相手が外国人であることも、
それほど大きな問題とはならないと言えます。

“文化の違い”というフィルターを一枚めくってみれば、そこにいるのは国籍など関係ない、
1人の生身の人間だということなのかもしれません。


国際結婚はステータスではない

ここまで、国際結婚をする際の障害になる要素についてや、お相手が外国人であっても夫婦の関係に大きな違いはないということをお話ししてきました。

様々な壁はあれども、国際結婚を特別に敬遠する必要はないということがお分かりいただけたかと思います。
本人同士がお互いを尊敬し合える関係を築き、共に一生を過ごしていこうと決めたのであれば、
相手の国籍は関係ありません。

しかし、国際結婚をしたいと考える方の中には、お相手との関係が先にあるのではなく、国際結婚をすることが目的となってしまっている方もいるようです。

特に、欧米文化への憧れが強い方が、欧米人と結婚すること自体を優位と考えていたり、ハーフの子供が欲しいなどといった、国際結婚を“スタータス”と考える結婚観をもった方が、一部にはいらっしゃるようです。

人間はステータスと結婚できるものではありません。

外国人と結婚することが目的となってしまってい、お相手との人間関係がしっかり築けていなければ、結婚生活はうまくいくはずがありません。

また、外国人との結婚に過度の期待を抱いていても、現実の結婚生活は日本人同士の結婚生活を特別異質のものではありませんから、そのギャップに苦しむことにもなります。

国際結婚自体が目的となり、本人同士の関係が後回しになってなっていては、幸せな結婚生活は送れないでしょう。


国際結婚を考えるに当たって

結論としては、日本人同士の結婚に比べて、手続きや法律などの面が煩雑で、コミュニケーションを取っていくために文化の違いを乗り越えなければならないという壁はあるものの、国際結婚も日本人同士の結婚も、人間対人間の関係であることに変わりはなく、その点においては特別視する必要はないと言えます。

逆に、外国人との結婚はまったく別のものと捉え、「外国人との結婚はステータスになる」「日本人は相手にしてくれないけど、外国人ならやさしい」などといった偏った考え方をしていると、悪質な結婚相手斡旋業者に騙される原因ともなり兼ねません。

結婚情報サービスの分野に視点を移して考えてみると、まず、外国人と結婚することを第一の目的にして、外国人専門の結婚斡旋業者を利用するのは、あまりおすすめできません。

外国人との結婚は“ステータス”でするものではありませんし、日本人に比べて「あの国の人はみんな優しい」などということもありません。


国籍に違いがあっても、人は人です。
どの国にも、優しい人もいればそうでない人もいるものです。

それでもどうしてもという方は、まず外国の方と交流する場を広げてみるのが良いでしょう。
英会話教室でも良いでしょうし、教会やサークルなどを捜してみるのも良いかもしれません。
コミュニケーションの取り方や文化の違いを知る上でも、とても実になる体験になることと思います。

また、通常の結婚情報サービスで外国人の方と出会う機会があった時も、国籍を考えるよりも先に、
まずは相手の方とコミュニケーションを深め、人柄を知ってみることから始めてみてください。
国籍が違っていても、その方が運命の方だったということもあるはずです。

 

pickup

最終更新日:2014/10/10